読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HatenaBlog始めました。

id:gintacatに招待状を頂き、HatenaBlogに参加出来ました。

Colorfly Pocket HiFi CK4 レビュー

f:id:Ashizawa:20110605172701j:image

3月半ばに予約して数度販売延期された CK4 が手元に届きました。ポータブルオーディオ板では割りと人気モデルなんだと思います。一件 Android 端末にみえますが、実は高性能 DAC CS4398 を搭載した DAP です。端的に言うと高音質な低価格帯のポータブルオーディオプレーヤーですね。

特徴としては

上位モデルの C4 はアップサンプリングまで可能なのですが、こちらは低価格帯のモデルなのでそこまでは装備されていません。iPod mini と同じ価格帯なので、オーディオヲタ的にはこっちという商品なんじゃないでしょうか。

国内だとポータブル系は SONY と Apple の二強状態なんですけど、世界の工場では色々な国から情報や技術が集まるからでしょうか昨年ぐらいから高性能 DAP がポンポン発売されています。

そんな訳で、価格が安い、音質が良いってことで、iPod,iMod もそろそろと思い購入してみました。

音質

最初にヘッドフォンアウトで音を出してみて、大げさに言うと、この価格でこの音を出すかと高級イヤホンに変えた時のような感動がありました。ファイルフォーマット等に依存しますが、CD クオリティーを聞いた時は、iPod と比べて圧倒的です。
低音はズンズンくる量ではありませんが十分出ていて、中音はボーカルが丁度よく、高音はとても出ていると思いました。音場も広めで iPod に3万クラスのポータブルアンプを付けたものより上だなと感じました。
価格だけ考えれば(輸入等で)買って損のないレベルです。ですが、国内販売だと世界の工場価格から3,4割り上乗せされるので興味本位で買うと後悔するかも。理由は最後に書く不満点にまとめておきます。
個人的にはフォンアウトだけでも買いだとの判断なんですが、色々楽しむためのラインアウトもあるのでそちらも使ってみました。
音場が広がるポタアン繋げた結果なんですが、オーケストラも空間を感じれて、ピアノの高音域とかバイオリンの音色などがとても綺麗に出ています。ヘッドフォン、イヤホンは選ぶでしょうけどクラシックも全然いけます。
音質に関しては満足度が物凄い高いです。

操作性

次に操作性ですけど、はっきり言ってゴミです。慣れたら気にならないのかもしれませんが、タッチパネルのように見えて全てハードボタン操作になります。ファイル管理もゴミです。入れた時のディレクトリ構造のままでしか管理出来ません。タグ類も一応読み込んでくれるのですが、読み込む物と読み込めない物があるので、必然的にディレクトリ管理するしかないっと。起動時もすこしもたつきます。一旦スリープすると起動に20秒ぐらいかかるのがいただけません。
操作性とファイル管理が IT 初期レベルなのが残念ですけど、価格と音質を考えると贅沢言ってられないようにも思いますけどね。

不満点

上記で書いた操作性と管理法以外にも、ファイルフォーマットなどがあります。対応に ACC と書いてあるのに Apple の m4a ACC は対応していません。今まで iTunes で管理していた人はフォーマット変更の手間が増えます。また Flac を使えるのは利点なのですが、Flac は 24/196 だけでなく 24/96 にも対応していないっぽいです。もしかすると WAV のみかもしれません。そこが楽しみだったのに残念でありません。フォーマット変換すれば良いのですが、ファイルサイズが大きくなってしまうので管理出来る量は確実に減ってしまうと思います。

音質とのトレードオフだとは思うのですが、Appleとか考えるとこの辺が万人ウケしない理由かもしれませんね。

CK4 買って満足度高い人は

  • iTunes 管理を捨てられる
  • ファイルフォーマット変換が手間だと感じない人
  • ファイルの入れ替え等で D & D のディレクトリ管理が苦じゃない人(ちなみにUSB転送速度はUSB1.1レベル)

MacBook Air 11インチ欲しい!

MacBook Air 11インチ欲しい!

自宅サーバー

VMwareがCentOS5.4で色々面倒な感じになってたんでXenでも入れて環境を再構築しようかと思ってたんだけど、時代はkvmみたいな話を聞いたのでkvmにしてみた。

ファーストインプレッションとしては、コンソールでのゲストOSインストールがちょっと鬼門気味。一応方法はあるし、コンソール経由でのインストールも出来たんだけど、GUIからのインストール想定しているのか情報が少ない。

PHIATON MS400 エージング 40 時間経過

エージングが 40 時間を超えたのでまたちょろっとレビュー書いてみます。

高音

普通の高域は鮮やかだと思います。ですがそこを抜けて超高域までくると耳にささる感じがあります。これはかなり聴き辛い。音量を下げることで和らぎますが、それじゃあまりうれしくないですよね。

中音

これは鮮やかなぐらい奇麗です。中域から高域にかけてはすばらしいと思います。文句なしですね。

低音

Monster beats Dr.Dre といい勝負をすると海外のレビューにあったのですが、個人的には Sennheiser IE8 と比べてしまうので全然足りないですね。でもボーカルの邪魔にならない程度には出ているように感じます。iPod 標準のイヤホンと比べると低音もしっかり出ているといえるのではないかと。

音場

密閉型だと仕方のないことらしい。密閉型は開放型と比べると音場が狭い傾向にあり、これは構造上の問題なのでしかたないと思うんだけど、かなり音が近いので音量をあげるとどうしても高域の音が耳についてしまう。比較対象が開放型の AKG K701 ってのが問題なんだろうけど、カナル型Sennheiser IE8 と比べても圧倒的に劣る。しいていえば前後より左右に広いと感じます。音量自体をさげれば少し定位は遠ざかるかもしれないです。

解像度

解像度自体は低くないのですが狭い音場のせいで全部の音がものすごい近くから聞こえてしまって台無ししています、近場から聞こえてくるためどうしても近い音域がまざって聞こえてしまう。これはとても残念。

感想

Phiaton MS400 x SR-71A x iMod でも感想なんだけど、これをポータブルアンプを iQube に変えると音場が気持ち少し広がって、音の定位が少し後ろにずれる感じがする。狭いことにはかわりないんだけど、少し聴きやすくなるかな。まぁライブハウスぐらいでライブを聴いているイメージに近いかも。

40時間たっても思うですが、クラシック、特にオーケストラには向いていなヘッドホンかなと思います。ソナタなどはまた別。ジャンル的には一般的なポップスとかロックとかの方が心地よく聞こえるんじゃないかと思います。音が多彩な曲には不向きです。あと、女性特有の高音域が続くような曲もやっぱり聴き辛い印象です。

っとここまで割とよろしくない感じのレビューなんですが、値段を考えるとおおむね満足だったりします。やっぱり iPod の白いのと比べたら明らかに音質は向上するわけで、音自体悪いわけではないので、普段使いにするヘッドホンとしては気になるレベルでの欠点ではないんじゃないかと思っています。


PHIATON ヘッドフォン Moderna Series 2009 Best New Products 受賞 MS400
PHIATON (2009-08-25)
売り上げランキング: 13902
おすすめ度の平均: 5.0
5 新星ハイエンドヘッドフォン「MS400」登場!

Martha Argerich のボックスセット

年末にホロヴィッツのボックスセットを買おうかと思っていたのですが、20,000円という価格と枚数が70枚と半端ない多さだったので同じピアノ繋がりでアルゲリッチのボックスにしました。年末に音楽を目一杯満喫するつもりで。

クラシックは徐々に作曲家とか曲名とかわかってきたのですが、演奏者がいまいちわからないので、とりあえず今現在トップクラスを走っている人でも聴いておこうとアルゲリッチをチョイスしました。割とピアノ協奏曲やソナタは好きなのでちょうどよかったかなぁっと。

このボックスセット Vol.1 がピアノソナタ集で 8 枚入り、Vol.2 がピアノ協奏曲集で 7 枚入りになっています。ボックスセットなんで、古い音源もかなりあるのですが、ノイズがあまり入っていなくてリマスタリングされています。古い音源でそのまま出している CD ってけっこうノイズが気になるのですが、この CD はそのあたりキレイに加工されていて聴きやすかったです。

ただ残念なのは選曲が編集されているのではなく、今まで発売されている CD をパッケージしただけのものなので、ラベルのピアノ協奏曲ト長調など複数かぶっている曲があったりするので、すこし残念です。けど、録音時期がちがったりはするので、その時期のアルゲリッチの演奏を楽しむ分にはいいのかもしれません。

Vol.1 のピアノソナタ集は割とショパンに偏っている印象ですが、かなり楽しめる内容だと思います。計 15 枚で 6,500 円は結構お買い得な値段だと思いますね。クラシック CD って 1 枚 1,000 円ぐらいですけど、ボックスセットで買うと 1 枚あたり 500 円切った値段になりますから。

Martha Argerich, The Collection, Vol. 1: The Solo Recordings

Deutsche Grammophon (2008-09-30)
売り上げランキング: 927
おすすめ度の平均: 5.0
5 アルゲリッチの演奏表現にたっぷり浸れます
5 お得感満載です。
5 お得な買い物でした
5 What a bargain!
5 若きアルゲリッチの衝撃

Martha Argerich: The Collection, Vol. 2 - The Concerto Recordings

Deutsche Grammophon (2009-08-18)
売り上げランキング: 1053
おすすめ度の平均: 5.0
5 Vol2は協奏曲集ですので、協奏曲好きの人には最適です